受験科6年生

この一年で夢をかなえる

6年がスタートする2月に、全員の目標が決まっているというわけではありません。

あの学校かな、近いところ、やりたいスポーツがあるから、と以外にも漠然としています。

 

春を経て夏期講習を終えるころ、ようやく自分がどうしたいかを考え始めます。面談を通じて、

個々の良い点・悪い点・学習のし方を、はっきりと伝えるからです。

共に歩んできた日々があるからこそ、歯に衣着せぬ言葉も、素直に聞き入れてくれます。

 

一週間ごとの確認テストは、結果でクラス分けをします。それぞれの頑張り度がわかり、嬉しかったり、くやしい思いをしたり、悲喜こもごもです。しかし、成績だけにとらわれていると、肝心な部分を見失います。結果を受け止め、学習の仕方がよかったのか「なぜ、そうなったのか」を考え

成長をしていかなくてはなりません。

 

学習においても「自分で考える」ということが身に付いている子は、勉強するおもしろさを、早く実感することができます。夢中で問題をこなし続け、理解することの楽しさを覚えて行きます。

そのうえ、集中力も自然と身についてくるので、勉強する醍醐味がわかっていくのです。

 

意欲を持ち、挑戦することを怖がらない受験生にするには何が必要か。

私達は考え、共に歩み補講や授業をトコトン進めて行きます。

 

この小さな塾から願いをかなえ、大きく羽ばたかせてあげたいのです。

夢に向かって大きく羽ばたく

◆6年生の授業ガイダンス

授業日 時間 科目
火曜日 17:00~21:30 4教科
水曜日 17:00~21:30 4教科
木曜日 かまい補講
自由参加
金曜日 17:00~21:30

確認テストと

算数の授業

土曜日 16:00~21:30 国語と算数

■授業料(月謝)37000円+税


・定員24名

・通塾日は火曜・水曜・金曜・土曜の週4日間

・国・算・理・社の4教科コースのみとなっています。

・6年生は授業日にお弁当が必要となります(食事時間19時30分~20時)

・夢の実現のため、最後までとことん勉強をやり抜けるよう、徹底して指導していきます。

・確認テストの結果は、自分の指針です。しっかり見つめ学習を修正していきましょう。


◆6年生の講習内容

●春期講習・・・3月下旬から約1週間程の講習期間となっています。6年生だという気持ちに切りかえることがとても大切です。

 

●夏期講習・・・この講習期間の学習内容が、受験への道しるべとなります。やるべきことは、きちんとこなせるそんな自分になることが必要です。 

    

●冬期講習・・・12月下旬からの講習です。6年生最後の追い込みといえます。何に向かって勉強をしているのか自分でしっかりと理解をして下さい。1月受験はもうすぐです。

 

●日曜講座・・・後期から始まる日曜授業です。一週間の学習習慣がしっかりと定着し、多くの時間を塾で過ごし不安を打ち消す学習にするための講座です。

 

▲かまい補講・・・各教科に自信がもてるよう、授業であやふやな部分を、徹底して覚えられるように指導する時間です。

最後まで共に歩む

やると決めたら、トコトンやり抜かせます。

受験をすると決めたら、最後までやり抜くしかありません。やると決めたら、塾でトコトンやりぬかせていきます。小テスト、確認テストをしっかりと受け、基礎を固めていくことが何よりも大事です。簡単に覚えられる魔法などはありませんから、徹底して覚えることが肝心です。コツはすでにつかんでいるはずです。

 

小テストでは満点を目指し、確認テストでは70点以上を目標とすること。一週間の授業内容をしっかり覚えていれば、可能となるテストです。もしそこに届いてなければ、補講授業をどう過ごしたかを見直すことが必要です。

トコトンやり抜きましたか? 徹底的に覚えましたか? 塾で本気になって勉強をしましたか?

 

繰り返すこと。一つ一つ丁寧に、もう一度、もう一度と繰り返すこと。面倒くさいんです。でも、そこには必ず、「出来た!」「わかった!」という喜びが隠れています。あきらめずにトコトン続けて、目標を達成してください。

塾のテストは自分の希望の指針となるものです。挑む気持ちで受け続けてください。

 

模試を受ける時期も考えましょう。塾の学習の進み方が違えば、結果も違います。個々の状況を見定め自信がつく受け方をしてください。メンタル面をないがしろにしてはいけません。逆効果になってしまう場合もあります。

 

そして、しっかり食事をとって、適宜に睡眠をとること。体が成長することは脳も成長していると考えます。考えることが、しっかりできるようになるためにとても大事です。

 

あなたが安心して頑張れるよう、私達は傍にいて、徹底してかまい続けます。

質問があれば、聞いてください。わからなかったら一緒に考えましょう。

最後までトコトン付き合います。願いを達成するため共に歩んでいきましょう。