成長するために


がんばりたい。 

負けたくない。 

やり遂げたい。 

絶対諦めたくない。

 

これらの意志はもともと誰にでも備わっています。でも 

好きなことしかやらなかったり

投げやりだったり

無気力だったり

言い訳ばかりしたり

自分からやろうとしなかったり

 

体は成長しているのに

その意志が表に出てこない子がいます。

悪い癖が体に染み込んでいるからです。  

 

毎年経験しているのですが、

真剣にかまいながら、子どもたちと長い時間を一緒に過ごしていくと

勉強に向かい始めていきます。

 

向かっていくなかで、信頼が生まれ、素直になっていき、アドバイスを受け入れ、

悪い癖も目立たなくなってきます。

そして

向かうことを覚え、結果が出る楽しさを知ることで

自分から、さらに前へ前へと強く向かっていきます。

 


準備科4年生

4年生までは、その子の持っている能力の差が、そのままテスト結果等に表れてきます。この時期に注意することは、慌てて無理にその差を埋めようとしないことです。 確かに、範囲の決まっているテスト等は、強く管理していけばそれなりの結果がでてきます。しかし、今後の良い成長を考えると、その強い管理は、逆に悪い癖をつけることになります。

学年が上がっても、自分からやろうとせず、結果を気にして、表面的な勉強しかしない子になっていく可能性があります。

4年生までは、学習結果を気にせず、学年が上がるにつれて、自分から向かっていく子になるように、土台を作ってあげることです。

 

「しっかり聞き、ていねいに書き、宿題をやること」この基本動作を最も大切にすることです。それが身についた子は、学年が上がるにつれて、必ず成績が伸びていきます。

おろそかにすると、我慢ができない、好きなことしかしない 、悪い癖のついた子になってしまいます。

 

《ポイント》

結果に対する厳しさは、その子に悪い癖をつけてしまう可能性がありますが、 躾面での厳しさは、悪い癖をなくして、将来の成長につながる土台をつくることになります。

 

受験科5年生

          信州の蓼科にて
          信州の蓼科にて

徐々に、成績結果を気にするようになり、競争心も芽生えてくる時期です。

まず、この時期にやることは、社会や理科などの暗記科目を徹底的にやることです。実は、算数がある程度できる子の多くは、暗記科目を嫌います。覚えること自体が面倒くさいと感じるのです。

学習の基本は覚えることです。この時期に覚える癖をつけておかないと、一番大切な、6年生の後半に苦労することになります。それに、算数が苦手な子に注意して欲しいことがあります。

算数は、根底にある原理『そうなっていること』を実感していないと、本当に分かったことにはなりません。

算数の出来る子は、『そうなっている』ことを実感できていますが、      

苦手な子は実感できていない。本当は分からないという状態です。

 

それでは、算数が苦手な子はどうすればいいのか?

 

まずは、点数結果で叱ったりしないこと。家庭学習で本人の意志でやる場合は問題ありませんが、無理やり算数の勉強をやらせないことです。やらせればやらせるほど、そのやり方だけを覚えてしまいます。

根本が分からないため理解が出来ません。そこを感情的に叱ることで、算数が嫌になり脳が閉じてしまい、いつになっても、気づけない子になってしまいます。

 

算数は知識の積み重ねではないのです。

授業や補講の時に、多くの問題に向かっていき、できないという失敗を重ねること。

先生とのやり取りが多くあってこそ、本人が変化していくのです。

この経験の中で、『あ、そうなんだ!』と気づくこと、気付かせてくれる人が傍にいることが、最善の方法なのです。

 

《ポイント》

覚えること関しては、完璧さを求める。考えることに関しては、向かっていく気持ちを育てる。その多くの経験の中で、本人が気づくまで繰り返し、待つことが大切です。

 

受験科6年生

    やり抜くんだぞ!
    やり抜くんだぞ!

やると決める。そして、やり抜く時です。 

 

5年生の時は、できないできないと思っていた女の子。受験が近づくにつれて、手ごたえ十分な、強い女の子に変身していきました。

5年生の時と比べると、授業時間数は2倍以上、補講時間も?倍以上、その全てに参加して、その上「もっと、プリント頂だい!」と、私をいじめた子です。

『脳は、ドンドン使っていくと、脳の中にある回路がドンドン太くなっていきます。回路が太くなるということは、速く、多量に情報量を増やしていけるということです。要するに、いっぱい覚えることができるということです。

そして、ドンドン脳を使っていくと、もっともっといいことがあるのです。

太くなった回路と回路が結びついて、応用が利くようになるのです。』

いい話だと思いませんか。これを知ったらやりたくなったでしょ。

先ほどの女の子も、ドンドン脳を使ったのです。 脳で一杯汗をかいたのです。 

但し、注意することがあります。

脳は、『自分の意志で』向かっていかないと開いてくれません。

つまり、『Where there is a will, there is a way.』(意志があるところに道は 開ける)ということです。

先ほどの女の子に「こんなに長い時間、塾にいて、お母さんは心配しないの?」と、聞いたことがあります。「お母さんは関係ない。私が勉強したいんだから!」と、きっぱり言い切りました。 自分の意志で向かっていったのです。

その子は、今、理系の国立大学で勉強しています。 大学進学が決まった時は、お母さんも大喜びでした。

さて、さて、どうしますか、自分の足でしっかり歩いていきますか・・・・・。

やることは、この学習室の6年生のページに書いていきます。

一緒にやり抜いていきましょう。

 

《ポイント》

 やり抜く!!